レーザー脱毛とIPL脱毛の違い

レーザー脱毛とIPL脱毛には根本的な違いが存在しますので、両者を混同させて間違わないように気をつけなくてはいけません。レーザー脱毛もIPL脱毛も同じ光を利用した体毛の処理方法に違いはないのですが、それを利用する際の効果と法律的な考え方がまるで異なります。厳密に述べると、レーザーを利用して体毛を処理を行うときにはクリニックで医療に従事することが出来る資格を持っている人材でないとこの処理を行うことが出来ないのです。

 

つまり、医者にしかレーザーを扱った処理を行うことが出来ません。一方で、IPL脱毛をする時にはそのような資格は必要なく、エステやサロンだけではなく一般の素人であっても処理をすることが出来るようになっているのです。
なぜ施術方法によってこのような違いが存在するのかというと、そもそも両者では施術をするときに利用される脱毛機器の出力がまるで異なるというポイントがあります。レーザーというのは、光の波長に細工をして非常に出力を高いものにしているため、使い方を間違ってしまうと人体に対して悪影響を与えてしまう可能性がある者になっているのです。

 

出力の高いレーザーを扱う時には、その扱いに長けた医者が施術をしないと危険性が高くなるので、法律的にも必ずクリニックでその処理を行わなくてはいけません。事実、医者でもない人間がレーザーを利用して施術を行うと、その店舗は行政処分になってしまって最悪のケースでは刑務所に入らなくてはならなくなります。反対に、単純な光を利用した施術方法では、出力が非常に低くなってしまうので広範囲に簡単に施術ができる一方で脱毛処理の効果はそれほど高くはありません。レーザーで行うと出力が高い文鳥期間で体毛の処理の効果が持続することになるのですが、光で行っても脱毛効果は一般的な除毛の効果と大差はありません。このように、両者は効果と法律的なポイントで立ち位置が全く異なっているのです。